個人のお客様

相続や贈与など資産の悩みやトラブルをいかに円滑に円満に解決するか?
お客様の「決断」と「実行」を促すコンサルティングがモットーです。


法人・企業オーナーのお客様

事業承継や組織再編など、企業の経営者にとって悩ましい課題に対して、資産税を中心とした観点からも適切に丁寧にコンサルティングいたします。


「どうすればよいか分からない…」 とお悩みの時は、 お気軽にご相談ください。
会社案内
セミナー案内
経営革新等支援機関
求人情報
TKC全国会

当事務所はTKC全国会優良会員です。

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。中でも優良会員はとりわけ厳しい審査基準の基、品質の高い業務を提供しています。

コラム


新型コロナウイルスの影響に対応した「納税猶予等の特例」が導入されます


特例措置など柔軟な税務上の取扱いを定めた「新型コロナウイルス対応国税関係臨時特例法」が430日に成立・施行されました。主な内容は次のとおりです。


(1)無担保・延滞税なしで納税を1年間猶予する特例:令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)の売上(収入)が、前年同期比で概ね20%以上減少した事業者を対象に、令和3年1月31日までに納期限が到来するほぼすべての国税と地方税について、申請により1年間の納税猶予が認められます。


(2)青色欠損金の繰戻し還付の特例:資本金1億円超10億円以下の法人にも適用が認められます(1億円以下は適用済み)。


(3)消費税の課税事業者選択届出書等の提出についての特例:課税期間開始後であっても消費税の課税事業者を選択する(又はやめる)ことができます。


(4)令和3年度の固定資産税等の減免:令和2年2月から10月までの任意の3か月間の売上総額が前年同期比で30%以上~50%未満、50%以上減少の事業者を対象に固定資産税・償却資産税が半額又はゼロとされます。


(5)設備投資にかかる減税措置


  ①テレワーク導入のための設備投資減税が導入されます。


  ②新たに投資した設備への固定資産税ゼロの特例が拡充・延長されます。


(6)個人所得税に関する特例


①中止になったイベントチケットの払戻しを受けなかった場合に寄附金控除を受けることができます。


②建築・増改築の遅れで期限まで入居できない場合に、住宅ローン控除の適用要件が弾力化されます。



令和2年7月8日


加藤会計事務所 事務所案内より

※本コラムは旬刊で、時折のテーマを提供してまいります。ご期待ください。