個人のお客様

相続や贈与など資産の悩みやトラブルをいかに円滑に円満に解決するか?
お客様の「決断」と「実行」を促すコンサルティングがモットーです。


法人・企業オーナーのお客様

事業承継や組織再編など、企業の経営者にとって悩ましい課題に対して、資産税を中心とした観点からも適切に丁寧にコンサルティングいたします。


「どうすればよいか分からない…」 とお悩みの時は、 お気軽にご相談ください。
会社案内
セミナー案内
経営革新等支援機関
求人情報
TKC全国会

当事務所はTKC全国会優良会員です。

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。中でも優良会員はとりわけ厳しい審査基準の基、品質の高い業務を提供しています。

コラム



路線価が4年連続上昇~訪日客と高齢者回帰が下支え~


 相続税や贈与税の算定基準となる2019年分の路線価(国税庁71日公表)は、全国平均で4年連続上昇し、上昇幅(1.3%)も過去4年で最高となりました。


都道府県別では、沖縄(8.3%)、東京(4.9%)、宮城(4.4%)、福岡(3.6%)、京都(3.1%)などの19都道府県が上昇する一方で、福井(▲1.4%)、和歌山(▲1.3%)、秋田・愛媛(▲1.2%)などの27県が下落しました。しかし、上昇幅の拡大や下落幅の縮小など、地方にも回復の兆しが見えつつあります。


観光地に代表される訪日客の増加や景気回復によって、主要都市のホテルやオフィス需要の拡大が平均を押し上げる要因となっています。地方都市では、徒歩圏内に病院や商業施設がある都市部への高齢者の回帰といった傾向が見られ、駅前や商業施設周辺の地価の下支えに貢献しています。


一方で、人口減少は地価下落圧力となって、今後、資産価格が目減りしていくことが予想され、消費の動向にも影響を与えます。


大都市圏や集客力のある観光地とそれ以外の地域という二極化傾向は今後も続くでしょう。


路線価は、相続対策、自社株評価などに影響します。自宅や会社所有の土地建物の路線価を確認してみましょう。


※路線価は「財産評価基準書」(国税庁) http://www.rosenka.nta.go.jp/ で確認できます。



令和元年9月11日


加藤会計事務所 事務所案内より

※本コラムは旬刊で、時折のテーマを提供してまいります。ご期待ください。