相続のお客様

相続や贈与など資産の悩みやトラブルをいかに円滑に円満に解決するか?
お客様の「決断」と「実行」を促すコンサルティングがモットーです。


法人・企業オーナーのお客様

事業承継や組織再編など、企業の経営者にとって悩ましい課題に対して、資産税を中心とした観点からも適切に丁寧にコンサルティングいたします。


「どうすればよいか分からない…」 とお悩みの時は、 お気軽にご相談ください。
会社案内
セミナー案内
経営革新等支援機関
求人情報
TKC全国会

当事務所はTKC全国会優良会員です。

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。中でも優良会員はとりわけ厳しい審査基準の基、品質の高い業務を提供しています。

     

コラム

契約書、領収書などへの印紙の未貼付に注意! 

 大手コンビニエンスストアにおいて、FC加盟店との取引内容を記載した文書約 60万通に、必要な収入印紙(以下、印紙)を貼っていなかったために、過怠税が課 せられたとの報道がありました。

 印紙税がかかる文書(課税文書)に印紙の未貼付があった場合、故意や過失にか かわらず、未納付分の印紙税額の1.1倍または3倍の過怠税が課せられます。過怠 税は、文書の記載金額が大きいと税額も大きくなるうえ、損金算入もできません。 

また、「契約書」という名称を使っていなくても、その内容が契約に関するもの であれば課税文書となります。冒頭の大手コンビニの例では、文書に売上相当額が 記載されていたことから、課税文書と判断されたとのことです。契約書、領収書な どを作成する機会が多い業種は、貼り忘れ、金額の誤り、消印もれな どのうっかりミス(過失)に注意しましょう。

 課税文書と印紙税額は、国税庁「印紙税額一覧表」で確認すること ができます(二次元コード<令和4年3月14日時点>を参照)。 

【主な課税文書の例】

 〇不動産売買契約書 〇土地賃貸借契約書 〇金銭消費貸借契約書 〇請負契約書、請負金額変更契約書、注文請書など請負に関する契約書 〇売買取引基本契約書、特約店契約書、代理店契約書、業務委託契約書など 〇約束手形、為替手形 〇金銭または有価証券の受取書(記載金額が5万円以上の領収書など)

令和4年5月12日

加藤会計事務所 事務所案内より

※本コラムは旬刊で、時折のテーマを提供してまいります。ご期待ください。