相続のお客様

相続や贈与など資産の悩みやトラブルをいかに円滑に円満に解決するか?
お客様の「決断」と「実行」を促すコンサルティングがモットーです。


法人・企業オーナーのお客様

事業承継や組織再編など、企業の経営者にとって悩ましい課題に対して、資産税を中心とした観点からも適切に丁寧にコンサルティングいたします。


「どうすればよいか分からない…」 とお悩みの時は、 お気軽にご相談ください。
会社案内
セミナー案内
経営革新等支援機関
求人情報
TKC全国会

当事務所はTKC全国会優良会員です。

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。中でも優良会員はとりわけ厳しい審査基準の基、品質の高い業務を提供しています。

     

電子帳簿保存法


     電子帳簿保存法が改正され、令和4年1月1日から施行されます。

Q: そもそも電子帳簿保存法とは、 どのようなものですか︖

A: 各税法で原則紙での保存が義務づけられ ている帳簿書類について一定の要件を満たし た上で電磁的記録(電子データ)による保 存を可能とすること及び電子的に授受した取引情報の保存義務等を定めた法律です。


Q:改正を遵守しなかったらどうなるの

A:青色申告 の承認を取り消される可能性があります、そのほか追徴課税や推計課税を課される可能性があります。


Q:青色申告の承認を取り消されると、何か困りますか。

A:対外的信用を失墜するだけでなく、以下のようなデメリットがあります。

【法人の場合】

・欠損金の繰越控除がなくなります。

・欠損金の繰戻還付が受けられなくなります。

・少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例が受けられなくなります。

・その他各種の特別償却、税額控除が受けられなくなります。

【個人事業主の場合】

・青色申告特別控除(最高65万円または10万円)が受けられなくなります。

・青色事業専従者給与が認められなくなります。

・損失の繰り越しと繰り戻し、少額減価償却資産の特例、貸倒引当金等が受けられなくなります。

いったん取り消されると、通知日から1年間は再申請ができません。青色申告の適用は申請の翌期になるために、再適用は最短でも翌々期になります。


以下に電子帳簿保尊法の改正の概要を示します。 


電子帳簿保存法の主な改正点


 1.税務署長の事前承認制度の廃止

 2.電子帳簿の一定要件による分類(優良な電子帳簿とその他の電子帳簿)

 3.タイムスタンプ要件、検索要件の緩和

 4.スキャナ保存要件の緩和

 5.電子取引データ保存の義務化※

 6.罰則規定(不正があった場合の重加算税の加重措置)


 ※下図「電子帳簿保存法の保存対象」の

 ①電子帳簿等保存、②スキャナ保存は法律上任意です。

 ③電子取引については、法人・個人事業者に法律上強制となります。対応しないと上述のように青色申告

 の承認が取り消されてしまう可能性があります。


                        

              電子帳簿保存法に関するご質問、ご相談は

加藤会計事務所までお気軽にご連絡ください!


加藤会計事務所
〒213-0001 神奈川県川崎市高津区溝口3-1-56
TEL : 044-811-2321 / 
FAX : 044-822-8786
Emai :  k-net@tkcnf.or.jp
[交通のご案内]

東急田園都市線 高津駅より徒歩4分